友人のおいしい話を聞いて交際クラブに入会を

友人のおいしい話を聞いてから、交際クラブに興味を持ち始めました

友人も自分も昔はお金がなかったのですが、共に成功をすることになり金銭面ではそこいらの同年代には負けていませんでした。

ところが女性とあまり縁のない業界ということもあって、友人ともども女性日照りが続いていたわけですが、その友人が交際クラブでいい思いをしたという話を聞いて自分もいてもたってもいられなくなってしまったのです。

 

そこですぐに自分も入会を希望したわけですが、男性なら誰でも入れるわけではないということでしたから、入会を拒否されたらどうしようかと少し不安になってしまいました。

しかし、社会的にも成功をしているということで入会が認められ、いよいよ活動を始めることにしたわけですが最初にデートをした女性がまさに自分好みでモデルのような綺麗な人だったのです。

綺麗なだけでなく性格も女性らしくて素晴らしく、ただ話したり食事をしただけなのに楽しい時間を過ごすことができました。

最初のデートでは時間も短くして美味しいものを二人で食べて相手に好印象を与えたのですんなりと二回目のデートの約束も取り付けることができました。

二回目のデートは高級なフレンチレストランを予約してワインもかなり高級な年代物を注文しました。

帰りにはこれまたなかなか食べれない高級なスウィーツをお土産にあげたらとても感動をしていました。

その時のデートでは彼女はとても喜んでいました。

 

三回目のデートでは彼女が前から行きたがっていた東京ディズニーランドに行きました。

彼女は常にハイテンションで園内はではいつも笑顔でした。

見たい物や乗り物の為に何時間も並んで乗りました。

二人で待ち時間を他愛もない会話で楽しみながら最後にハイテンションで感動している彼女を見ているとこちらも楽しくなってしまいました。

ディズニーの帽子を頭に被り彼女もミニーの帽子をかぶり二人ペアーでミッキーやミニーの二人が一緒に入って記念写真を撮ったときには彼女はとても喜んでいました。

最後にパレードと花火を観て記念の写真を購入して帰りました。

 

彼女は東京ディズニーリゾートが大好き過ぎて年に何回も来ていると言ってました。

無邪気にはしゃぐ彼女を見ているとこちらも癒されてしまいまるで本物の恋人のような感覚になってしまっていました。

こんなに童心に帰ってデートが出来た彼女にとてもいまは夢中になっています。

しばらくはファンタジーの世界から抜け出せそうもない感じです。